リンパマッサージや整体で体の代謝を上げる

目的

kouka

マッサージの施術を行うことは、患部を一時的に抑える、自然治癒力を上げるなどといったことが目的です。
施術を行うことで、静脈やリンパ循環を促進させる効果があります。この部分を促進させることで、症状を改善できます。

他にも、運動を行う前後に体の筋肉の緊張をほぐす為にマッサージを行います。
それに、マッサージの施術の刺激によって緊張を緩和させたり、筋肉痛を和らげたりもできます。
後、施術内容によっては排便を促して便秘解消することもできますので、様々な症状を改善させることができます。
だから、昔から医療機関でも治療を行う為にマッサージで体の状態と整えることもあります。

効果

マッサージの施術を受ければ、それぞれの症状に対して効果があります。
ですが、どんな施術方法でも大きく分けて二つの効果を期待できます。

まずは、心に対しての効果です。これは、施術を受けることで不安やストレスなどの気持ちが緩和されます。
このような気持ちが緩和されると、気分が落ち着くので体に活気が出てきます。
そして、体の不調に対して効果があります。これは、肩こり、腰痛、頭痛などの痛み、そしてむくみや炎症を抑えてくれる作用も期待できます。
このような効果を期待するのなら、自分で行うのではなくてプロにしてもらうのが効果的だと言われています。
これは、欧米を中心に各国で行った研究によってプロにしてもらうほうが効果を期待できることが報告されています。

歴史

rekisi

マッサージの歴史は、紀元前4世紀頃にいたギリシャの医師ヒポクラテスによって他の医師に伝えたことが始まりだと言われています。
ですが、その後の研究は絶えてしまいます。しかし、16世紀後半にフランスでこの施術の術式と効用について論文が発表されました。
そこから新しく脚光を浴びるようになり、西洋医学の臨床の関する技術の一部として重要視されました。

その後、18世紀から19世紀にかけてスウェーデンの生理学者だったリングが考えた治療体操との併用が強調されます。
そのお陰で、ドイツ、フランス、オランダなどで普及されます。そこからヨーロッパ諸国では、研究が盛んとなって現代の近代医療に繋がります。
日本には、明治20年代に伝わってきました。この頃は、中国から伝わったあん摩術が盛んでした。
しかし、マッサージが伝わってきたことによりあん摩術にも大きな影響がありました。
そして、現代ではあん摩術の技術と独自の施術方法によって民間療法として活用されています。


新着ニュース

2014/03/04
整体を更新しました。
2014/03/04
リンパマッサージを更新しました。